TOP » かかる費用は?効果は出るの?薄毛治療方法の違い

かかる費用は?効果はあるの?薄毛治療方法の違い

結局どれがいいの?女性向け薄毛治療方法まとめ

女性の薄毛治療はクリニックによってさまざまなメニューが用意されています。

内服薬や外用薬、ヘアフィラーやHARG療法など、それぞれの治療方法について特徴を紹介します。自分にはどの治療法が合っているかを見極めて、それに対応しているクリニックを選びましょう。

女性の薄毛は男性の薄毛治療薬を使うとキツイことがあります。

あまりに強すぎると今度は髪の毛が逆に抜けてしまう原因にもなるので、きちんと専門クリニックにかかり、治療方法を検討しましょう。

薄毛治療というと男性向けの製品ばかり思い浮かべますが、女性でも使える薄毛治療薬はあります。

代表的なものなら「パントガール」「フロジン液」「ミノキシジル」の3つを覚えておくと良いでしょう。

「パントガール」は飲む育毛剤として認知されている内服薬で、女性特有の脱毛症状がある「びまん性脱毛症」にも効果を発揮します。

「フロジン液」は保険適用が認められている外用薬で、患部に直接塗って使います。塗った部分の血管の拡張を促すことができ、血流が活発になるので頭皮の健康状態を良くできます。

市販品よりも病院で処方してもらった方が効果が高いです。

「ミノキシジル」は現在の医療では女性に対して安全に発毛効果を実証できている成分です。

市販品にも含まれていますが、男性用のものだと強すぎるので注意が必要です。

薬を用いた薄毛治療について

ヘアフィラー

ヘアフィラーはペプチドを用いた再生治療です。

ペプチドとはアミノ酸が2つ以上結合したものです。ヘアフィラーには発毛に関する7種類のペプチドが含有されているのが特徴です。

施術方法は、まず頭皮を清潔にしたあと、ヘアフィラー1~2mlを1ヶ所0.016~0.05ml程度を頭皮に注入します。

効果は2回ほどで分かると言われているため、治療間隔は2週間に1回、合計4回がどのクリニックでも提案されています。

4回が終わるころには髪の太さや量が20%アップしている方もいるので、効果に期待が持てます。

ヘアフィラーでの薄毛治療について

HARG療法

HARG(ハーグ)療法は、現在薄毛を根本的に解決できる、唯一の再生医療です。

人間のあらゆる細胞元となる幹細胞から150種類以上の成長因子を含んでいるタンパクAAPEを取り出して、頭皮に直接注入することで発毛機能をよみがえらせます。

発毛が継続的に続くので治療が終わっても安心であり、薄毛を治す最後の手段としても人気です。

HARG(ハーグ)療法は開発後わずか5年間で全国180以上の医療機関が導入しているのも特徴。

高い発現率や副作用がないことなど、安心して発毛治療をすることがでます。

HARG療法での薄毛治療について
TOPへ