TOP » これって脱毛症?女性に多い症状とその原因

これって脱毛症?女性に多い症状とその原因

お悩み別に考えられる女性の脱毛症を紹介

女性の薄毛は男性とは違った特徴が多いものです。

特に気になるのが「全体的に薄くなってきた」「生え際や分け目が気になってきた」「出産後に薄くなってきた、抜け毛が多くなってきた」という3つの症状です。

それぞれの症状はどんな脱毛症なのか、特徴と原因、対策について知っておきましょう。

全体的に薄くなってきた…

中年の女性に多いのが、髪の毛が全体的に薄くなってくる症状です。

この症状は「びまん性脱毛症」と呼ばれていて、更年期になったころから症状が進みやすくなります。髪の毛一本一本が細くなるため地肌が見えやすく、ボリュームもないので見た目が一気に老け込みます。ただしある日突然なるわけではなく徐々に進行していくので老化現象の一つだから仕方がないと諦める方が多い症状です。

びまん性脱毛症の原因は加齢によるホルモンバランスの乱れや過度のストレス、食生活の乱れ、過度なダイエットなどがあげられます。そのような原因となっていることを改善することが、症状の緩和や解消に繋がります。

「びまん性脱毛症」についてもっと詳しく

生え際や分け目が気になる…

よく髪の毛をポニーテールや三つ編みにしている方に多いのが、生え際や分け目の髪の毛が薄くなってくる牽引(けんいん)性脱毛症です。

牽引(けんいん)は引っ張るという意味です。その意味通り、普段からポニーテールや三つ編みなどで髪を引っ張っていると頭皮には強い負担をかかっており、ついには脱毛してしまう症状になります。

ほかにもエクステをしている方やヘアアイロンを使う方も要注意。こまめにヘアスタイルを変えるようにして頭皮の負担を減らしていきましょう。

牽引性脱毛症はほかの症状に比べると症状が軽い方なので、気づいた時に治療を受けると回復しやすいものです。手遅れになる前に専門のクリニックで治療を受けてみましょう。

「牽引性脱毛症」についてもっと詳しく

出産後に薄くなったと感じる…

赤ちゃんを出産後、髪が多く抜けるようになるのは、分娩後脱毛症や産後脱毛症とも呼ばれている脱毛症です。

この分娩後脱毛症は女性が出産をしたあと、一時的に脱毛が増えてしまう症状です。これは女性が出産したのち女性ホルモンがまた正常に戻ろうとするため、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうから。

ほとんどの場合は出産後半年から1年で治るので放っておいても良いのですが、食生活の改善で髪の良い栄養分を摂取すると治りやすくなるのでおすすめです。

「分娩後脱毛症」についてもっと詳しく
TOPへ